ロック瓦礫
タジマ創研-ロゴ単体(日本語)背景無し_edited.png

アスベストの事前調査が義務化されました。

『解体工事』 『改修工事』 『リフォーム工事』
を行う際は調査から工事、店舗の完成まで
​実績多数のタジマ創研へお任せください!!

お申込みはこちらから

お電話 平日9時-16時

〇〇〇より承ります。

お気軽にお問合せ下さい。

店舗内装工事のプロフェッショナルにおまかせください!

石綿(アスベスト)の事前調査をご存じですか?

2023年10月から解体や改修工事を行う際は有資格者によって「建築物石綿含有建材調査」を行い報告することが義務化されました。

店舗解体工事・店舗改修工事・店舗リフォーム工事においても同様に事前調査の必要があります。

事前調査対象となるケース

2006年(平成18年)9月以前の建物

既存部分を傷つける工事

​  ※塗装のみ、金物の交換など傷つけない場合は対象外

​解体部分の床面積が80m2以上

​改修工事の請負金額が100万円以上(税込)

さらに行政へ報告の義務が必要な工事

事前調査とは専門の資格を得た調査員が、工事の規模にかかわらず、調査対象となる工事において事前に法令に基づいた石綿(アスベスト)の使用の有無を調査することであり、図面などによる[書面調査]現地での[目視調査]の後、各建材(製品)について判断する。※不明なものについてはさらに科学的な分析を行う必要が生じる。

その結果を発注者へ説明し、行政へ報告、現場での掲示、保管をする。

では、実際にどうすれば良いのでしょうか?

店舗の石綿事前調査とは??

(例)飲食店を始めるため居抜きでとても立地の良い物件を見つけました。壁と天井を取っ払い広々した空間の店舗にする予定です。しかし建物が古くアスベストを調べた方が良いと言われました。

  専門の資格を持った調査員(調査会社)を探し依頼

   ↓

  事前調査の為、貸主から預かった建物の図面を調査会社に渡す

   ↓

  建築年数等々より、現地調査が必要との事で現地での調査を行う

   ↓

  アスベストの有無の不明な建材があったので専門機関による物質検査を依頼

   ↓

  検査結果の報告を受ける

   ↓

  結果の掲示・国への報告を行う

   ↓

  アスベスト対策を考慮した工程表の作成

   ↓

  アスベスト工事の申請

​   ↓

  工事の着工

   ↓

  完成・引渡

​解体・改修工事のノウハウがある!!

時間と工程のムダが省ける!!

コストカットを考慮した工事工程を提案できる!!

メリット

内装工事業者に頼む

店舗・お客様・従業員様にとってのBestを考える経験がある!!

レストラン

調査の流れ

このように石綿事前調査には一定の期間が必要となり、新店舗を開店するまでの工程に組み込む必要があります。

調査と内装工事の業者が同じだと、工事の打合せ・アスベストの対策についての打合せ等を同時に行い、回数を減らすことができ、現場の内容を熟知した者が完成までの工程を責任をもって請け負うことができます。

また、アスベストをいかに安全に処置するかを新店舗のデザイン、仕上り、予算等すべてを考慮しながら考えていくことが可能となり、結果コスト削減、工期の短縮が可能となります。

店舗の解体・改修・一部リフォーム等をお考えの方必見

長年 店舗の内装工事を施工してきたタジマ創研に任せて安心!!

□  アスベスト対策をしっかり行い、従業員もお客様も安心できるお店作りをしたい。

□  コストをなるべく抑えて対策をしたい。

□  安心して任せられる調査会社を探している。

タジマ創研株式会社
東京本社:東京都港区新橋5-19-2
                 TEL 03−6459−0961
大阪本社:大阪市淀川区西中島7-10-16
                 TEL 06−6304−5788

​        https://www.tajimasoken.com

​事前調査資格者  7名
東京  4名
大阪  3名
石綿作業主任者  2名
​お急ぎの方はお電話にてお問合せください。
ご相談は
こちら