Q & A 〈アスベスト・石綿事前調査〉

​Q1. 石綿事前調査はどのような時に必要ですか?

​A1. 2006年以前に建てられた建物の躯体部分に関連する工事を行う際は事前調査が必要となります。

​小さな開口を開ける、建具の取り換えなども対象になることがありますので、事前に専門業者へ問い合わせる事をお勧めします。

​Q2. 小さな店舗の工事なので調査までしなくても大丈夫ですか?

​A2. 工事内容の大小にかかわらずアスベストが発生する可能性がある工事はすべて調査対象となります。まずは図面などによる書面調査となりますので

2006年以前の建物の場合は専門の調査員か建築業者にご相談ください。

​Q3. 調査を拒否すればどうなりますか?

​A3. アスベストに関して様々な法規制があります。国への届出が必要な工事の届出が調査会社から提出されていない場合は罰金等の罰則が課せられます。

​Q4. アスベスト調査の費用はだれが負担するのですか?

​A4. 

​Q5. アスベスト調査の費用はどれくらいかかりますか?

​Q6. アスベスト調査にはどれくらいの期間がかかりますか?

​Q7. アスベストが検出されたら工事はどうなりますか?

​作業計画等も作成してくれる会社

​Q8. 自分でアスベストの調査をすることは可能ですか?

​Q9. 補助金など負担を軽減する方法はありますか?

​Q10. ?

タジマ創研株式会社
東京本社:東京都港区新橋5-19-2
                 TEL 03−6459−0961
大阪本社:大阪市淀川区西中島7-10-16
                 TEL 06−6304−5788

​        https://www.tajimasoken.com

​事前調査資格者  7名
東京  4名
大阪  3名
石綿作業主任者  2名
​お急ぎの方はお電話にてお問合せください。
ご相談は
こちら